2016年10月29日土曜日

The Event Horizon Section1


正式タイトル『THE EVENT HORIZON HE0450-2958』


---物語
私は、いつの私だった?... ...ガラスの世界で貴方を見つけた。

1.貴方は、いつ存在した?
 ┗ 1∽2.そうか、貴方は唯一の変化だ。
     ┗1.私は秒針が止まった腕時計を見ていた。

2.貴方は、名乗る事も出来ないのか?
 ┗ 2∽1.そうか、貴方は唯一の変化だ。
     ┗ 2.私は透明なガラス越しに貴方を見ていた。

7.貴方に、この『声』が届いているなら... ...

僕は望遠鏡で毎日夜空を観察するのが趣味だった。

色々な星々が煌めく世界へ行きたいと想いを馳せていたんだ。  
科学の世界は『不可能を可能にする術』がある。

その一つが、バーチャルリアリティ。 宇宙工学では、
バーチャルリアリティの訓練や研究が真面目に取り入れられてる。  
僕らの身体では行く事の出来ない星々へ、機械のロボット達が旅立つんだ。
ニューラルネットに触れた人類の英知が、『孤独ではない』と証明したんだ。
遥か彼方の、望遠鏡ですら見届けられない世界に、君は居るかもしれない。

だから

僕は、出来る事をするよ。全てが折りたたまれた時空を超えるために。
---